FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

年末に向けての気になるゲームタイトル(PS4)

パソコン故障による精神的ダメージが原因で、
ゲーム三昧な日々もいったん小休止している。

最近の国内タイトルは「楽しんでもらう」よりも
「射幸心を利用した集金システム」が露骨に見えて
いるものが多いので、
魅力的と思るものが少ないのも小休止の原因でもあるかな。


わたしはトロフィー獲得に一定のこだわりを持っているが、
トロフィー至上主義ではない(はず)

確かにタイトルを選ぶ上でトロフィー獲得条件の難易度は
重要な判断要素になっている。

こういう話を一般的な人にすると、
「トロフィーなんかゲーム本編と違うんだからこだわるのは馬鹿馬鹿しい」
的な事を言われることが多い。
「ゲームなんだから好きに遊べばいいじゃん」というニュアンスで
言っている割にトロフィー集めという遊び方を否定するって自己矛盾じゃないか?
とベタな事も思う(苦笑)

まあトロフィー否定する人たちは、本編のエンディングすら疎かにしている
事が多い気がするので、そもそも作品を楽しむ気があまり強くないのだなと
理解している。

私がトロフィーにこだわる理由は、そのタイトルを楽しんだという視覚的な
実績が楽しいからなのだが、もう一つ理由がある。

それは、
難しいトロフィー条件を設定しているデザイナーが作ったゲームは、
システム進行自体が独りよがりで意地悪なゲームバランスな事が多い(気がする)

から。これは多くのトロフィーを獲得していくうちに実感したのだが、
意地悪なゲームはやっていて苦痛に感じるので、これを見極められるのは大きい。


トロフィー獲得を目指している人たちは、ゲームに対して楽しもうという
姿勢な事が多いので、参考になる情報をもらえることも多い。
中にはトロフィーの数だけを追っかけていてゲームタイトルの内容を軽視している
人もいるが、そういう人はそもそも情報を出さないので無問題。


とまあ、リアル世界での会話の愚痴はこのくらいにして(^^;

年末に向け期待しているタイトルをまとめてみた。
いわく付きのタイトルもあるがおおむね以下の4作品は買うことになると思っている。




ARK:Survival Evolved JP 2017年10月26日発売予定


以前馬鹿にしていたけど考えを改めたマインクラフトのリアルバージョンのようなもの。
噂によるとPC版はバグが多いし、オンラインサーバー上はプレイヤー同士の殺戮と略奪の
地獄絵図の模様。タイトルがサバイバルなので製作者の思惑通りなのかもしれない。
どうやら仲間内だけで遊ぶ方法もあるらしいので、やってみようと思っている。

海外版はすでに発売されていて、トロフィー条件も判明している。
すべてのミッションをクリアするのに300時間以上かかるらしいので、
トロフィーについては50%を目標に!くらいかな。






信長の野望 大志 2017年11月30日発売予定


前回の戦国立志伝にはガッカリさせられたが、今回はどうだろうか?
TGS2017の動画や生中継の動画を見る限りではあまり面白そうではない(^^;
特に戦闘モードが面倒くさそう。
わたし的には戦闘は創造PKの戦略マップ上の戦闘くらいでいいのだが(^^;
買うならサントラ付きのトレジャーボックスを、と思っている。








アイドルマスター ステラステージ 2017年12月21日発売予定


いつものアイマスメンバーがまたしても売れないアイドル時代からのスタートと言うことで、
そろそろなんとかならないのか?という不信感も強い。
前回の地獄のエンドレスエイト合宿のトラウマもあり様子見。
もちろん予約購入はしない。








北斗が如く 2018年2月22日


龍が如くのシステムで北斗の拳をやるらしい。
北斗無双・北斗無双2よりも面白いんじゃないか?とひそかに期待している。
トロフィーについては、セガには何も期待していないのでハナから諦めている。
プラチナに手が届きそうならラッキー!くらいの気持ち。
だけど、前述のとおり意地悪ゲームシステムな疑念も強いのでこちらも様子見。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する