FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

PCを新調したつもりで大幅増強した(後半)

と言う訳で、こうなった。
20200102-1.jpg
もともとプライマリについていたPalit RTX2080Tiをセカンダリに。
プライマリには新たにGIGABYTEの簡易水冷型 2080Tiをセットした。

プライマリを水冷式にした理由は前述のとおり。

簡易水冷のラジエーターは側面に配置。
側面に配置するために、その場所にあったHDD2台を下部に移動した。

セカンダリGPUは内排気型なので、PC内部に熱風を放出しまくる。
そのため、その排熱をケース後部に強制送風するための中間ファンは少し位置を移動した。

後部に押し込まれた熱風を効率的に排出するために、新たにシロッコファンを取り付けた

このケースにはライザーケーブルを使ったGPU縦置き用の口があったのでそれを活用。
20200102-2.jpg

この場所にファンを取り付けるとSLIが出来なくなる。
しかし、IrayにはSLIは意味が無いと聞いているのでやるつもりがない。

ていうか、PalitのGPUとこのGPUはボードの形状が違い過ぎ、
SLIの取り付け口に段差が起きていて付けられないようだ。
もし、SLIを予定していたら目も当てられなかった事態になったに違いない(^^;


あとはCPU周り。
今回、i7-8700Kからi9-9900KSにパワーアップさせ、
クロックも大幅に増大した。
するとCPU周辺チップの発熱量も大変な事になるらしい。
簡易水冷型はCPU周辺のエアフローが残念な事になりがちのようなので、
対策として、新たにFANを追加して風を当てるようにした。
20200102-3.jpg
ちょっとカッコ悪いが、Z370のM/Bだとi9は無理やり動作させているようなものらしいので
実益をとることにした。

で、実装完了。
20200101-3.jpg
CPUが9900KSで概ね5.0GHzで稼働している模様。

次は電力と発熱状況の監視。
うちの電源装置はサーマルテイク社製で管理ソフトが使えるのでそれを使って状況確認をする。

DAZ3Dを使って Irayレンダリングを実施。
20200101-2.jpg
電源監視ツール上はおおむね出力電力540wくらいで推移。
電源効率が92%なので、コンセントからの入力電力は580wくらいじゃないか?と思われる(知らんけど(^^;)

グラボの状態はこんな感じ。同じくIrayレンダリング開始してから15分後くらいのスナップショット。
20200101-1.jpg
まず、左上のCPU情報が間違っているようだ(^^;
クロックが4112MHzとかなっている。
Windows標準のタスクマネージャーと比較すると負荷(使用率)は合っているようなので、
負荷と温度と使用電力をチェック対象にする。



【メモリ】
半分使っているし(^^;
64GByteに増設して正解だったことがここでも証明されている(^^)

【CPU】
CPUは使用率40%で温度73℃。タスクマネージャーだとバリバリ5.0GHzで稼働しているようだ。
この使用率をみるとやはり、RTX2080ti2枚を任せるのはi7-8700Kでは荷が重かったに違いない。
買い替えてよかったと思える点である。
CPU温度73℃については、YouTubeに投稿されている9800Kを5.0Gにクロックアップした際の温度と
比較しても悪くない温度なので、恐らくこの位が妥当なのだと思う。


【GPU】
上が簡易水冷型で下が外排気型である。
簡易水冷型の効果てきめんと言った状況だ。
なんと!プライマリの方が10℃くらい温度が低い。

しかも、プライマリの方が高クロックで消費電力が高いにも関わらず、だ。
ファンスピードも然り、セカンダリ側は2000rpmと、プラマリの約2倍の高回転で駆動している。

Palitの冷却がイマイチなのか、Gigabyteの簡易水冷型冷却能力が優れているのか?
まあ、この結果をみて実感したのは、
今後、高性能グラボを買うときは簡易水冷型または本格水冷にしようという事だった。


Irayレンダリングについては、流石に電力垂れ流しはお財布に毒なので、
プレビュー時はセカンダリGPUをお休みさせて、最終レンダリング時にどちらも使うなんて
方法で行こうと思っている。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する