FC2ブログ

Yugaの月記

日記はムリなので月記としての活用を試みています。

アイドルマスター アニメ & G4U! パック VOL.2 予約終わってるし

アニメ版アイマスを見つつ、続きを買おうか悩んでいたんだけど、
さきほど、とりあえず買っておこうと思い立った。

で、サイトを巡ってみたけど、、、
もう予約が一杯で受け付けが終わっているとか(^^;

2巻を買ったら後は全巻(総額9万円弱)まっしぐらかなと思っていたけど、
ここで挫かれたのはかえってよかったかもしれない。

2巻買えずに3巻以降に突入すると、購入出来なかった2巻の存在が疎ましくて
仕方が無くなるのは間違いないので、もういいやと思う事にした(^^;

とりあえず友人から借りて済ます事にしようかと(^^;

2周目終了(アイマス2 PS3)

いきなり成績がよくなった(^^;


地方大会大賞ってのがあるのが判ったので、
まずはそちら狙いでと思ってやっていたら、
なんとIA(アイドルアカデミー)大賞まで獲れてしまった(^^;

全然狙えていると思っていなかったので
受賞が発表されたときはムチャクチャ感動してしまった(^^;

メンバーは
我那覇響
双海真美
天海春香

の3人。
我那覇はPSPで散々邪魔してきた敵キャラだったので
よい印象が無いのだが(笑)
まあ嫌いなオカズは先に食べちゃう精神で行く事に(^^;

結局、プロデュースが上手くいったので悪い印象はなくなったのだけどね(^^;


2回目は前回の反省点を踏まえたプレイスタイルに変更した。
前回はファン獲得エリアを全地域で平均的になめていったので、
注目度を管理するのがとても難しかった。
その挙句に地域大賞も逃してしまうと言う悪循環に陥っていたのだと感じた。

そこで、2回目は地方大賞受賞に狙いを定めて
1箇所で集中的に活動する事にした。
でも1箇所だけでは活動範囲が狭いのでサブでもう一箇所くらいの2箇所狙いで(^^
この作戦で、ファンが大勢いる地域の注目度は常に高い水準を維持する事が出来た。

あとは高木社長のアドバイスに基づき、
リリース前のお披露目ライブと注目度アップに注意し、
リリース後の4週間はライブ活動を中心に売り上げ維持の「キープ」をしていった。

他にも「リバイバル」だの「ブレイク」だのあるハズなんだけど、
今回も全く気配がなかった(^^;
マニュアルで確認はしているが、一体どうやったら出るんだろう?(^^;

あと2回目に劇的にスコアが伸びた理由としては
「使えるお守りアイテム」を入手できたからだと思う。

オーディションやライブのときに、同じジャンルをアピールし続けると
注目度が下がってしまって不利になるのだが、
これを抑制するお守りを入手したのが大きかった(^^

重宝したのは、
「ボイス」と「ダンス」の注目度低下を大幅に抑制するお守りで、
これを最大限利用するためにレッスンなどは「ダンス」中心に取り組んだのだった(^^;


さて、3回目はどうしようかな、と。
ちょっと一段落つけたいので、

ここらで本命キャラの星井美希でやろうかしら?(^^

初回プレイ終了(アイマス2 PS3)

カンニング無しの初回ガチプレイの結果が出た(^^;
IMG_7915.jpg
無冠の女王になってしまった(^^;
って、地方大会の大賞ってそういう意味だったのかと思った(^^;

レコードセールスが全然伸びず、
「これはきっと違法コピーが蔓延しているからだ!」と言いがかりをつけたくなるレベルだった(笑)
いえいえそうじゃないでしょう?注目されてないから売れてないんでしょ?。。。と(^^;

マニュアルに書かれていた売り上げを復活させるモードとかブレイクモードとかも全然発動せず
鳴かず飛ばずの展開に終始してしまった(^^;

でもまあ、こんな結果になっても
アイマス1の時ほど(アイドル達に)ボロクソに罵られなかっただけでもよかったかなと(苦笑)

初回と言う事で、愛着の無いキャラ2人(+好きなキャラ)を選んだんだけど、
リーダーの四条貴音も意外と良いキャラを演じていて後半ちょっと申し訳ない気持ちになってしまった(^^;


全体の感想はといえば、
PSPの時にあった、非常識な事前打ち合わせメールとか
一方的で自分勝手なアイドルとの約束とかが廃止されていてそれだけでもかなりよかった。

キャラの動きもスムーズで
これを見るためにアイマス2を買ったんだよと満足できるレベル。

レッスンのミニゲームもかなり遊びやすくなっているので
面倒臭い気持ちが先に出ることも少なくなったと思う。

さて2周目に向かいましょうか。
っと、その前にエクストラモードをやってみよう(^^

グラビア・フォー・ユー VOL.1

このソフトの為に限定版を買ったのだから最初にコレをやらずしてどうしよう?
と言うワケでやってみた。

っとその前に、
どうしてこのグラビア・フォー・ユー(以下G4U)をやりたかったのか?を簡単に書いてみる。

その昔、テライユキ主演の撮影ソフト「プライマルイメージ」と言うゲームがあった。
2年位前にそのソフトを中古屋で買ったのだが、
これがもうダメダメの残念な仕上がりだった事は以前このBLOGにも書いた。
詳しくはコチラ↓
2009/03/15(日) Primal Image Vol.1 (PlayStation2)

そんな記憶があったものだから、
G4Uのプロモを見たときに「もしかしたら!?」と食いつかずにはいられなかった(^^;と言うわけ。

さて、早速プレイ開始。

、、、って、最初にトロフィーパックのインストールが始まった。
なんとトロフィーに対応しているらしい(^^;
一体どういうことなのか?とインストールされたトロフィーを確認すると

千早を撮影した
美希を撮影した
春香を撮影した
 :
 :

などと言うしょーもない獲得条件が続く。。
ってか、それだけ(^^;

流石にこの手のオマケソフトだとプラチナトロフィーは存在しないけど、
これなら100%にするのは30分もあれば出来るのではないだろうか?(^^;
ここまで条件が潔いと、かえってじっくり丁寧に取り組んでやろうなどと考えてしまう(笑)


最初に撮影したのは看板アイドル天海春香。
ロケーションは海岸で、コスチュームは水着と言うグラビア撮影の定番中の定番。

一番気になるのはやっぱりポーズ付けの方法。

。。。やった!まさに理想通りの内容(^^

ポーズ付けは「おまかせ」にするとアイドルがテキトーにポーズをとってくれる。
細かく指示したいときは「座って」とか「悲しそうに」とか
「セクシーに」とか「目線を変えて」とか「ちょっと変えて」とかあって
ちゃんと撮影してるってシチュエーションが楽しめる。
この辺りはプライマルイメージの時に不満に感じていた事をキッチリ解消出来ていて
とてもよいと感じた(笑)765プロさんありがとう!状態である。(^^

シャッターチャンスはプレイヤーの思いのままで、
アイドルがポーズを決める仕草の途中でもバンバンシャッターを切ることが出来る。
この辺りはかなり面白い仕上がりだと感じた。


不満点はといえば、カメラアングルの制限かなと(^^;
いわゆるワイセツなアングルを防止する意味だと思うが、
ローアングルからのアオリは出来ない。
ローアングルが出来ないので
寝そべったアイドルと同じ目線の高さでの撮影も出来ない(^^;
更には撮影位置をアイドルの反対側に移動する事も出来ない。

私は上から見下ろしたアングルとか
足を長く見せるアオリアングルとかが好きなので、
アグレッシブなアングルが制限されたこのシステムではちょっと不満が残るものだった。(^^;

流石にスカートだとアオリはマズいけど、
水着なら全然OKだと感じるのは大人になってしまった証拠なのだろうか?(^^;

とまあ、そんなシステムなのであまり個性的な撮影をするのは難しいのかな?と思っている。
でも同じツールを使っても上手い下手が現れるのはどのソフトでも同じだと思うので、
さし当たって、カッコイイシーンが撮影出来るようにちょっと頑張りたいと思う(^^

G4Uは今後Vol2 Vol3と続くようなので
この辺りのシステムが改善されていくとイイな~と思っている(^^

最後にG4Uで撮影した画像を1枚
千早
千早をモデルにしたもの。
彼女に「セクシーなポーズ」とか「かわいいポーズ」と要求すると
仕草の途中で困ったような顔で頬を赤らめるようだ(^^;
ちゃんとポーズ取りが完了した時点で普通の表情に戻るのだが、
その直前の恥ずかしがっている表情をショットした(笑)

こういうショットが狙えるのが面白いな、と思う(^^

第1話を見た(アイマスアニメ)

とりあえず第1話をみてみた。
初回と言うこともあってか、人物紹介だけで終わった(^^;

肝心のキャラはと言えば、ゲームのキャラとは輪郭がかなり違っていて
多少の違和感を感じた。

例えるのなら、マンガ「ぼくの地球を守って」から「ぼくを包む月の光」のタッチくらい変わっている。
でもまあ、声優が同じなので直ぐになれる気配はしている。

こりゃ面白いね!と言うほどのインパクトはないが、
だめだこりゃ!と切り捨てるほどつまらなくもなさそうで、
まだちょっとジャッジし切れない。

まだ2話目を見ていないので
引き続き様子見(^^;

アイマス2を買った

IMG_7911.jpg
以前のBLOGで通常版を買うフリをしていながら
実際に買ったのは限定版(^^;

心変わりの最大のきっかけは
限定版には「グラビア・フォー・ユー VOL.1」と言うPS3ソフトが同梱されていたから。
あとはゲームサントラCDも付いていたからかな。

もうひとつ、テレビで放映したアニメ2話が収録されたBlue-Ray が1巻付いてきていた。
が、こちらはイマイチ興味が沸かずにまだ見ていないのだった(^^;

どうやら「グラビア・フォー・ユー VOL.1」(以下G4U)と言うのはアニメBlue-Rayの限定版の抱き合わせのみで、
今後発売されるアニメBlue-Ray の限定版に引き続き抱き合わせ販売していくとの事らしい。

って、アニメBlue-Ray & G4U同梱パックって一万円くらいするんだけど(^^;


。。。まあ続編買うかどうかはアニメ見てからにしようかな?(^^;
あと、G4UのVol2以降のシステムが今後どう展開されていくのかが気になる。
単に衣装と背景が変わりましたってだけじゃあまり魅力が無い(^^;

実際のプレイ記についてまた今度(^^

改めて調査(アイマス2)

今更ながらアイマス2騒動について調べてみた。

なにが問題か


これまで私はひとつ勘違いしていたことが発覚。
それは「竜宮小町」とは新キャラクターの名前かと思っていた事(^^;
ぜんぜん違うじゃん(爆)

それはともかく要点は、上記リンクの見出しを抽出すればわかるとおり。


①律子および竜宮小町(伊織・あずさ・亜美)の4人がプロデュースできない
②男性ユニット「ジュピター」の登場
③「The world is all one!!」の人気ユニット投票
④オンライン不可
⑤ステージにおける坂上プロデューサーの言行について

ひっくるめて言うまでもなく
「製作者側は何故アイマスがユーザーに指示されているのかまるで理解してくれていない!」
ということらしい。

ちなみに、わたし的にどうか?と言われればこうなる。

①について
律子は、ウケ狙いのメガネキャラなので最初から敬遠している。
あずさは、ボケキャラを狙いつつも実は他のメンバーを見下しているような雰囲気があるのでパス。
(※ってこれはゲーム本編では解らないことかな?(^^;)
伊織・亜美はちょっと残念だけど、亜美については真美がいるらしいからいいかな?(^^;
くらい。
どちらかと言うとソロでプロデュース出来ないらしいゲームシステムの方が残念かも(苦笑)

②別にヤローキャラ出てもいいじゃない?とか思ってたけど、
例え話「嵐のコンサートにAKBがゲスト出演したようなもの」を読んでなるほどと思った(^^;
確かにファン層から考えればライバルになり得ない(笑)。
ギャルゲー的印象を払拭したかったのかもしれないが、こう考えると完全に滑っている(^^;

タブン、アイマスに対抗した男性アイドル育成ゲームをリリースしといてから、
それをライバルキャラとしてお互いのシリーズに登場させれば「ライバル」として認識してもらえた
ような気もするけど、、ちょっと戦略を間違えちゃったカナと(^^;

③アイマスでAKB商法をマネしようとして完全に顰蹙をかったらしい。
当たり前だ(^^;

④「オンラインに接続されていないユーザのためを考えて外した」なんていうから不信感が芽生えた
のだろう。なんせ、そのクセ、追加アイテムはダウンロードコンテンツでしか用意していないのだから
口先だけの出鱈目と言う事は直感でわかる(^^;
その後「オンライン対戦は殆ど利用されなかったので止めた」と発言が変わったらしいが、、、。
まあ、ゲーム中のオンラインなんか全然メリットないんだからやるハズがない。
本編の中でもオンライン必須なオーディションがあったが、
対人は避けるのが暗黙のマナーだったような気がする(^^;

アーケードのノリをそのまま家庭用に持ち込むのはナンセンスだとは思うから、
もう少し家庭用ならではの仕様が考えられなかったのだろうか?と思う。

⑤プロデューサーはユーザーの意向も汲み取りつつ、
各方面のしがらみを考慮しなければならないので大変だなと思う(^^;
一番大切なのはユーザーの声なんだろうけど、
直接影響を受けるのはゲームシステムとは全然関係ない部署からの声だと思うので、
よほどしっかりとしたユーザーライクなコンセンプトがなければ
こういう憂いにも遭遇してしまうのでは?と思う。



だんだん思い出してきた。
そういえばPSP版のアイマスSPの常識外れのガッカリ仕様に幻滅していたところへ
アイマス2のネガキャンを目の当たりにしていたので様子見していたんだっけ?(^^;

2010/07/09(金)のBLOG アイマス2が出るらしい (iDOL M@STER2 XBOX360)


これらのネガキャン(と言うかある意味事実)のお陰でXBOX360版は思ってたより
売れなかったようだけど、
このゲームシステムのままPS3に移植しても果たして支持が得られるのだろうか?
と言う疑問は払拭できない。

なんらかの改善点が無ければ、結局同じことになってしまうのではないだろうか?(^^

。。。とか言ってもわたしは予約して買うんだけど(自爆)

アイマス2がPS3で出るらしい(^^;

『アイドルマスター2』PS3版ならではの要素が判明!「G4U!」の詳細も


うぅ~、、これではXBOX360の所有意義が風前の灯火になってしまう(^^;
XBOX360で発売されているアイマス2は、
ネットで繰り広げられていたネガキャンのお陰でまだ買ってなかったんだけど、
プラットホームがPS3になるのならいい機会だし、
とりあえず買っちゃおうかと思っている。

と言うわけで予約した(^^;



最近ゲームをやり散らかしているので10月末までにはメドつけたいなと(^^

アイマス2が出るらしい (iDOL M@STER2 XBOX360)

電撃ニュース

wikiでの記事


果たして2作目はどうなるのだろうか(^^

実は、このBLOGには書かなかったがPSP版で出たアイマスSPを買っている(^^;
ついでに言うとそのためにPSP本体を買った(^^;

とりあえず「高槻やよい」のプロデュースから開始したのだが、、、
正直言ってやり続ける気力が湧かなかった。。

今思うと理由は次の事が挙げられる。

・モーションの劣化
XBOX360のステージシーンに魅了されてXBOX360本体を買った私としては
この振付モーションの劣化具合は一番我慢出来なかった(^^;
肝心要のここが見ていて楽しくないので、
このゲームの魅力は50%殺がれたと言っても言い過ぎではないと思う(^^;

・プロデュース対象外のアイドル(ライバル)の出しゃばりがウルサイ(長い)
従来であれば、プロデュース対象のアイドルとの会話シーンだけ楽しめたのだが、
SP版はライバル事務所のキャラがしつこく絡んでくる。
お陰で肝心の「やよい」の存在が薄くなってしまったと思えた。
更にはライバル事務所のアイドルなので、会話そのものが鬱陶しかった(^^;
(最後までやってないのでその後の展開で印象が変わるかもしれないけど。。)

・アポイントの管理の面倒さ
プロデューサが渉外的な事をやるモードがあるのだが、
このアポ取りメールが非常に不快だった(^^;
「○○事務所、じゃなかった△△会社ですが、今度の衣装について....」と言ったひっかけメールが基本。
(アポ当日はこのメールの内容を確認するための3択問題が出題され、間違えると相手は怒って帰ってしまう)
もしかしたらギョーカイ人とはこういう人種なのかもしれないけど、
正直言ってこんな無礼極まりないメールはクレーム対象ですよと(^^;。

・アイドルの自分勝手な”約束”
1日の活動が終わって帰宅する画面の時、
突然プロデュース対象のアイドルが追っかけてきて
「私、もっと頑張ろうと思うんです。もっと練習したいので明日の○時△分にスタジオで待ってます!」
と一方的に言って去っていく(^^;
もちろん「明日の○時△分」とはリアル時間になる。
で、この時間にゲーム再開しないと
「あの、、、私、約束の事全然気にしてませんからっ!」と勝手に落ち込む(^^;。
ヲイヲイ、そんな一方的に決めた事なんか約束なんて呼ばないんじゃないか?
少なくともこっちはそれでイイなんて言った覚えがないし(ゲーム中では勝手に「判った」と返答しているが(^^;)

実際の日時を指定してくるのなら、プレイヤーのスケジュールも考慮出来るような仕様にしとけ!と強く思う(^^;
この辺りの非常識さにはかなり嫌気がさした(^^;。

・レッスンのミニゲーム自体に飽きていた
これ自体は全然面白くないので、上記問題に目をつむってまで続行する気にはなれなかった(^^;

と言った理由でアイマスSPはクリアする事もなく早々に足が遠のいていった。(^^;


こんな体験があるので、アイマス2は手放しで期待出来ないと思っている(^^;
情報が少ない現段階では、太鼓の達人モードである「ライブフォーユー」まで待ってもいいかな?
とさえ思える。(^^;

でも、星井美希もレギュラーで出るようなので、本編も普通に買う可能性は高い(自爆)

ま、XBOX360独占で出るようなのでそれは良かったと思う(^^
これでPS3で出るとか言われるとXBOX360を所有している理由が更になくなってしまう(^^;
(現在はアイマスL4U&山口ひかり(InsideXBOX)専用機と化している(^^;))

ましてやPSPとか3DSで出ますとか言ったら購入候補にすらなかなかったし。。。(^^;

発売は来年春のようなので、引き続きチェックして行くつもり。


どうか「ときメモ」から「ときメモ2」のようなモチベーションの衰退は起きませんように(^^;



キャラの好み(アイマス@XBOX360)

とりあえず、11人全員のプロデュースは終わった。

途中からソロ止めてデュオとかトリオでプロデュースしたので、
メインキャラとしては次のメンバーのエンディングは見れていない。

「高槻やよい」
「三浦あずさ」
「秋月律子」
「萩原雪歩」

現在、次のプロデュースを開始すべく高槻やよいメインでトリオ結成した段階だが、
とりあえずひと段落した感がある。

ここらで何となく気になったキャラの話でも(^^;
【“キャラの好み(アイマス@XBOX360)”の続きを読む】

解散コンサート(アイマス@XBOX360)

プロデュース1年が経過すると受け入れざるを得ない「解散コンサート

解散コンサートを行うにあたり、特に重要なのが会場選びだ。
これはアイドルランク(A~F)に応じた2つ会場が候補として挙げられ、
その中から1つを選択する事になる。

2つの会場の違いは主にファン収容人数であり、
収容人数が多い会場の方が成功率が低く設定されている。

ちなみにアイドルランクB以上の場合は、
武道館(収容人数5万人)」か「ドーム(収容人数10万人)」の2つが選択肢となる。

そして各会場の成功率はアイドル達のその時点のステータスによって変化する。
ステータスはIL(イメージレベル)ってパラメタで表されていて1~16まである。

私がプロデュースすると最終的には大体IL11~14くらいで落ち着くわけだが、、、、


※この先、多少のパラメタ説明がありネタバレにつながる危険があるのでそのつもりで。
【“解散コンサート(アイマス@XBOX360)”の続きを読む】

朝の挨拶(アイマス)

アイマスではゲーム中に毎朝必ず挨拶をするイベントがある。
3択から選択した挨拶に対し、アイドルがどう反応するかでその日のテンションが上がったり下がったりする。
(もちろんテンションが変化しない事もある)

この挨拶イベントの選択肢には特定の正解はなく、毎回ランダムで反応が変わるようだ。

ただし、ランダムと言いながら必ずどこかに正解が隠れている訳ではなく、
アイドルの信頼度が低い(?)と「正解がない」事もあり得るようだ(苦笑)。
(これは同じ朝を9回リセットしていろんな選択肢を繰り返し検証してみた(^^;)

勝手に推測しているのだが、
実は、選択肢A・選択肢B・選択肢Cとそれぞれ正解率ってのがあって
どれかを選択するとその時点で当たりハズレを乱数計算しているのではないか?ってところで納得している(^^;。
正解率=((アイドル毎に設定された選択肢に対する基礎値)+ アイドルのプロデューサに対する信頼度) × 乱数((^^;
後半になるとハズレを引きにくくなるのはこの辺が影響しているのでは?(^^;

もちろん本当の所は知らない(^^;


なので結局、おみくじみたいな感覚でテキトーに押すのが正解(笑)


とかいってこんだけ書いてなんだが、
それはどうでもよくて(爆)(正解不正解の確率については特に気にしていない(^^;)

実は、とある2つの選択肢に対するアイドル達のリアクションがどうも腑に落ちないのだ。


設問
アイドルに朝の挨拶をしたらハズレだったらしく次の反応が返ってきたが、
選んだ選択肢は「選択肢1」「選択肢2」のどちらか?

ハズレだったときのアイドルの反応
・事務所で大きな声を出さない方が...(千早)
・朝からあり得ないくらい元気だよね、、、ちょっとウルサイってカンジ(美希)

回答群
選択肢1:「おっはよっ 美希っ」or 「おっはよっ 千早っ」
選択肢2:「おはよー!美希ー!」or 「おはよー!千早ー!」


答えは「選択肢1」.....

なんでだ??

選択肢1は気さくに明るく言っているのに対して、選択肢2は大声で言っているように感じる(と思う)

営業イベントの際は「!」マークで表わされている文章は大声を出しているって表現なので、
朝の挨拶でも同様に捉えるのが自然だと思われる。

要するにこれってロジックが逆なんじゃないか?って思うんだけどどうなんだろう(^^;

今回例に出した2人のアイドルに限らず、
全体的に「選択肢1」と「選択肢2」の反応を全部入れ替えると、納得できるようなものが非常に多い。


きっとEVALUATE文を間違えてしまったのだろう(ってそりゃCOBOLだし(^^;)

アイマス日記(^^;

いつもならとりあえず、poserとかC4Dを起動したりするんだけど
現在では、アイマス起動してしまっている(^^;

プロデュースはとりあえず順調で、

双海亜美真美でAランククリアが完了した。
でも解散コンサートはドームが勝率45%だったので、
武道館勝率55%で妥協(^^;

ドームクリアを目指すならやっぱILは13以上必要ってことか.....(^^;

そのあと、水瀬伊織と三浦あずさのデュオのプロデュースにも
チャレンジ(^^

水瀬伊織、、イイ♪(笑)
「にひひっ」と言う笑い方がもうツボにはまってしまい
とにかく楽しくプロデュース出来た(笑)
バレンタインにチョコもらえたし(^^;

ただ、ほったらかしていた三浦あずさの信頼度が”Z”とかに
なっていたのが残念(^^;でもデュオというシステムで平行して
信頼度を勝ち取る事ができるのだろうか(^^;

で、今は如月千早・高槻やよい・秋月律子(だったかな?(^^;)
のトリオをプロデュース中。

これをクリアすれば、プロデュース途中の雪歩を除いて全員
プロデュースした事になる(^^。

XBOX360では、そうやってやりこんでいくと「実績解除」と言うトロフィー
をもらえるので、とりあえずの目標が出来てよい。(^^

Live For You (L4U)

本編も小休止モードに入ったので(ってワケでもないケド笑)
ここらでL4Uの感想でも。(^^

今のところ、L4Uは毎日必ずと言ってよいほど鑑賞しているので、
結構気に入っていると思う。(^^

だからこそちょいとばかり言いたい事もある訳で(笑)
ちょっとその辺りの事を書いてみる。
【“Live For You (L4U)”の続きを読む】

THE IDOLM@STER XBOX360 トライ中...

思わぬ空白期間が発生してしまったが、
すっかりXBOX360版アイマス(iM@S)に没頭してしまっていた(^^;

このゲーム、現時点でやってみた感想は
プレイしててワクワクして面白いか?
と言われれば、首を傾げてしまうんだけど(^^;

以下、感想なので多少ネタバレがあるかもしれないので、そのつもりで
(個人的にはないと思ってるケド(^^;)
【“THE IDOLM@STER XBOX360 トライ中...”の続きを読む】

アイマス本編開始

さてさて、THE IDOLM@STER 本編も遊んでみる事にした。

最近のゲームは、攻略法とかすぐに入手出来てしまうので
判らない事とかあると、攻略ページを見たくて仕方がなく
なってしまうのだが、

攻略法を見た瞬間に、それはゲームでなく、
ただの作業になってしまうので
出来る限り見ないようにしていきたい(^^

どんなゲームか?はここでは割愛するとして、
要は、プロデューサになってアイドルをメジャーに育てていく内容だ。

どのキャラを使うかについては
YouTube上でライブ映像をみていた限りでは、
双海亜美
星井美紀
高槻やよい
辺りが人気のようなので、ここから選ぼうかとも思ったが、
初めてやるゲームだし知らないキャラの方が、
ゲームに失敗した時のダメージも少ないんじゃないか?
と言う事で、この3人以外にする事にした(^^;。

でも他のキャラって誰にすればいいのん?

って思ってたら、ゲーム開始直後にチラっと登場するアイドル候補生がっ!
「よし、決定!」

天海春香のプロデューサとしてプレイ開始。

いやはや、ギャルゲー(?)ってときめきメモリアル以来なので
どういう展開になるのか楽しみだ(^^

アイマス(L4U)専用機

XBOXについてはまだまだ不明な点が多い。

って思って検索していたらこんなサイトを見つけた。

http://xfu.jp/xbox/

これを、買う前に見つけていればもう少し調査がラクだったかも(笑)

HDDについては購入前にもいろいろ悩んだけど、
THE IDOLM@STER(アイマス)専用機と化している現状でも、
結構占有してしまっている。

プリインストール分の占有量もあるんだろうけど、
既に20GByteは超えている(笑)

アイマスゲーム用カタログデータとか一本700MByteとかヘーキで書いてあるし(^^;

オンラインでなにややろうとしたら、
60GByte以上は必須と考えておいた方がよさそう。

てか、120GByteまでしかないのは何故?と思えてならない。

あと独占販売の弊害で各オプションの値段高すぎ(苦笑)

昔のN○C商法を彷彿とさせてくれている。

Live For You (L4U) 応援モードぼろぼろ問題(ファイナル)

XBOX360で初めてプレイしたのがL4Uだったので、
てっきりコントローラー遅延だと勘違いしてしまった今回の一人騒動だが、

L4Uそのものの問題だと言う切り口で、もう一度ネット徘徊してみた。

そこで見つけたのがココ


結構コアなファンの方々がレビューしているようだが、
応援モードの問題については、
概ね私と似たような苦情がつらつらと述べられている

そっか~、やっぱそうだよね~。

良かった、私だけじゃなくて(爆)


そんな訳で、応援モードは既にやる気がないんだけど、
ひと通りはクリアしておかないとコスチュームやアイテムが入手できないので、
そこだけは我慢してやるしかない。(^^;

いやだなぁ.....やりたくないなぁ.....(^^;


....この件についてネット巡回していて、2つほど気になる点が出てきた。

ひとつは、こんなどーしよーもないタイミングの状態で、
本当に発売したりするんだろうか?
と言う事。

もう一つは、人によっては応援モードがムチャ楽しいって書いている人もいる事だ。
例えばココ。
http://pinkopal10.spaces.live.com/Blog/cns!C6A161736BF836D2!644.entry

ウチと同じ状態だったとしたら、
あんなタイミングの音ゲーなんて遊べないだろう?って思うんだけど....

【“Live For You (L4U) 応援モードぼろぼろ問題(ファイナル)”の続きを読む】

XBOX360購入物語最終回(THE iDOLM@ASTER LiveForYou)

今回、XBOX360の購入を急いだのは、先日ネタにした太鼓の達人DSが影響している。

持ちにくいDSでのプレイは若干不満はあるが、
それでもかなりよい感じで遊べるし、上手く叩けたときはとても気持ちがよい(^^

で、ふとTHE iDOLM@ASTER LiveForYou (以下L4U)の応援モードを思い出し、
これを太鼓の達人として遊びたくなってきてしまったのだ(笑)

そもそもYouTubeとかで見ていたステージ映像をハイクオリティで見たかった
と言う本来の欲求もその衝動を後押しする(^^;


で、本体も買ってきた事だし、早速L4Uを応援モード(太鼓の達人モード)でプレイ♪


「さぁ!始めるど~ん!!」←(ウソ、L4Uはそんな事は言わない(^^;)

......コントローラが反応しない???


ボタンを押しても、画面上は押したことにならない(^^;

なんでだ??

テキトーにガチャガチャ押してみる。

あ、反応した。。。。

???

お??

もしかして反応がオカシイ???

DSでやってた時のボタン押下タイミングだと、まったく入力を受け付けてくれない(>_<;)

ためしに、ワンテンポ早めにボタン押してみる。

あ、反応する反応する。 てか、このタイミングなのか???

GO MY WAYのテンポで言うと、半拍弱早めに押さないと反応してくれない。。。

これじゃ、リズムに乗れない。

。。。。もしかしてこれは音ゲーとしては最悪なんじゃないだろうか?

amazon.comの評判を見ると、
音ゲーを期待して買っちゃダメ」だとか
入力タイミングの調整不足」とか
「ただのファンサービスゲーム」だとか

書いてあった気がするが、この事だったのか。。。。

もし事前にこのL4Uの応援モードをプレイしていたとしたら

今回XBOX360本体を買う衝動はかなり抑えられていたに違いない(^^;

くそう、、、

期待していた分、ここまで調整がメチャクチャだとL4U全体の魅力がガタ落ちだ(__

本当に、L4Uライブシーンを環境ビデオとして再生するだけの機械になってしまいそう。。。。

さて、どうしようかな・・・

今、オークションに出品すれば、購入価格と同じような値段で売れるに違いない。。。。

【“XBOX360購入物語最終回(THE iDOLM@ASTER LiveForYou)”の続きを読む】

XBOX360 購入物語 (その1)

事は、去る1月24日に遡るのだが、とある中古ソフト屋に行った。

そこで、THEiDOLM@STER Live For youを見つけた。


通常版と限定版の2種類がそこにあった。
「あ~これこれ」とパッケージを手に取り値段を見る。

ちなみに定価は、、、
通常版 7,140円
限定版 9,800円

中古の値段は、、、
通常版(中古):3,980円
限定版(中古):2,400円(オリジナルDVD付き)


。。。なぜ限定版の方が安い??

特にキズがあるとか状態が悪いワケでもなさそうである。

本体持ってないケド、特典DVDはPS3でも見れるし
そのうち本体も買うだろうし、、、
ソフト持っててもイイんじゃないか?
と思ってL4Uを購入。

【“XBOX360 購入物語 (その1)”の続きを読む】

THE iDOLM@STAR調査(その2)

そういえばwikiで調べるの忘れてた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/IDOLM@STER
http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_IDOLM@STER_(Xbox_360)

流石に2年近く前の作品だけあって、情報が整理されているようだ。

現時点の情報から整理すると、
昨日見たキャプチャー画像はLive For You(L4Uと略すらしい)のものらしい。
本編とL4Uはやり方が違う。
L4Uは、Liveを中心にした(要するに)太鼓の達人のようだ。
例の猛者声は楽器の音色に変える事が出来るそうだ(この情報は大きい(^^


......どうやら歌とダンスを中心に見たいだけならL4Uはうってつけと言う事か。

注意しなければならない点が
衣装・アクセサリーや曲などがオプションで出ていてこれらを買いだすと本体以上に金がかかる。
上記に伴ってHDDは必須
サウンドが2chステレオ......

wikiを見ていると、オプションアイテムをコンプリートすると、5万円ほどかかるそうだ。
本体が3000円ほどで買えるようなので、データ購入に16倍かかる計算になる。

でもまあ、Poser7も本体1万円(Poser4は5万くらいした記憶があるが....)に対して
これまで買ったデータは10万円では収まらないだろうから、今さら驚く事ではないが(^^;

で、実際に買いたいアイテムがあるか?と言えば、、まあ新曲位かなぁって感じなので
オプションアイテムについては、あまり構えなくてもよさそうだ。(^^;

余談になるが、Poserなら買ったデータを加工して遊べるし、
後続のバージョンに継承出来たり別アプリへの持っていけるなど利用の幅が広いので、
単独ソフト専用のアイテムの方が、実用年数の点で
結構割高感があるような気もする(でも傍からみれば同じだろう(笑)

まあそれは商売だからよいとして。。。。

それよりも2chステレオって何よ?と思う(^^;

音楽モノでしかもライブなんだから2.1ch以上にならなかったんだろうか?
映像に合わせてパンしなくていいので、5.1chならなお良かったのに(^^;

本編をすっ飛ばして、映像と音楽目的でL4Uを買おうと夢見ている私的には、
このサウンドスペックはとても残念な所だ。。。

う~ん、ここまで調べたらちょっとブレーキがかかってきた(^^;
これならPS3に移植される日を待つ事もできるかもしれない(^^;

公式サイトはこちら
http://namco-ch.net/idolmaster_portal/index.php

とりあえずCD買ってよしにしようかな(^^;

あいどるむスター(^^;

さてさて、曲だけで私を虜にしつつある例のソフトウェアだが、
いつもなら気絶買いしてしまう所なのに、今回は妙に慎重になっている。

このご時世だからと言うのが理由なんだろうけど、理由はもう一つある。

それは、このソフトの為にXBOX本体も買う事になるのだが、
仮に本体買っても、やりたいソフトはこれだけと言う事だ。

(PS3でちょっと痛い目に遭っているし(^^;)

実はどんなゲームなのかも不明で(汗)
公式サイト見ても詳しいシステムとか乗ってないので判断がつかない。

【“あいどるむスター(^^;”の続きを読む】
前のページ